美意識の高いメンズファッション
美意識の高いメンズファッション
ホーム > アマゾンギフト券買取 > アマゾンギフト券を換金する手順や方法

アマゾンギフト券を換金する手順や方法

Amazonギフト券を買取する詐欺も多い」ということも注意しながらこの記事を読んでください。

アマゾンをよく利用されてる方は、アマゾンギフト券がもらえると嬉しいです。別のサイトでポイントを貯めるとアマゾンギフト券に交換が出来る所も多くなってます。交換をも申し込んだ時、交換が完了するまでの間、数日を要することもあります。交換が完了したら、自分のパソコンにメールで届くので、そこにアマゾンギフト券の番号が掲載されていますので、間違って削除したりしないことが大切です。交換をした時に何日で完了するか掲載してるので、チェックしておけば、メールが届く日も重要視することが出来ます。いくつもプレゼントなどで送られて不要な時には、アマゾンギフト券を買取してもらうことが出来ます。買取サイトも多々ございますが、換金率も個々に違うので、換金率が高い所を選ぶことが大切です。

アマゾンギフト券を交換する時には、

身分証明書の提示が必要になりますので、免許証などを写真で撮影して、送ることによって、買取をしていただけるようになります。当然、アマゾンのショップに登録してしまったものは、買取は出来ないので、必ず未使用のものであることが買取の条件となってます。値段によって買取価格が違うので、予め確認しておくことが必要です。アマゾンギフト券は、Eメールタイプの他にいろいろな種類がありますが、今では、Eメールのタイプが主流になってることがほとんどです。また、換金してもらったお金を振込先とする時には、特定の銀行の口座があれば、振り込み手数料も無料になったりするのでお勧めです。アマゾンのショップでは、何でも購入することが出来るようになってますので、マニアックな商品を探す時には、とても便利なショップとなってます。ですので、プレゼントなどで購入される方もいらっしゃるので、余ったギフト券などがある時に現金に換えるという方法も選択することが出来ます。ものによっては、カードタイプのギフト券であれば、裏に使用期限が掲載されてることもありますので、期限までにアマゾンのショップに番号を登録しなければ、使えない状況となりますので、注意が必要です。ということから、カードタイプで買取をしてもらう時には、十分に注意することです。Eメールタイプですと、番号はいつまでも使用可能なものが多いので、買取をするアマゾンギフト券の種類では、一番多い券となります。買取してもらう時には、メールで送られてきたメールのに掲載されてるギフト券の番号だけをコピーして買取サイトに貼り付けるだけと簡単になってます。額面が高ければそれだけ換金される率も高くなりますので、まとめて換金してもらうという方法もございます。アマゾンギフト券を買取する時に用いることが出来るのは、パソコンやスマホなどの電子機器で出来るようになってます。ネットバンク以外ですと、手数料がかかることも多いので、ネットバンクの口座を作っておくことをお勧めします。換金率が高くなってるのは、買取をしてもすぐに買いたい方が現れるからです。一般の買取業者よりも、ネットの買取サイトの方が、換金率を比較してもネットでの買取の方が高くなってます。

現在はネットが普及されてるので、ネットで買取を申請される方が大半を占めてます。

一度買取してもらったアマゾンギフト券の番号は、

アマゾンでは、使えないので、速やかに削除することをお勧めします。多くのメールが一日に届くのであれば、アマゾンギフト券として、フォルダーを作って振り分けておくと、忘れたころに届いてもフォルダーを確認すればいいということになります。一度、交換申請をしたのに、いつの日か届いたと言うことを忘れてたという失敗もあるので、それから一つ一つ確認してから削除するようにしています。

Amazonギフト券詐欺もあるから注意

以前、アマゾンギフト券をプレゼントされたことが何度かあるのですが、あまりアマゾンを利用することがないために、売ろうと思ってたのですが、方法がわからなかったので、サイトで調べた所、買取してくれる所が見つかったのです。さっそく、利用してアマゾンギフト券をフォームから番号を入力して、買取をしてもらったことがあります。ネットからですと、換金率も高く現金化してもギフト券に記載されてる金額に近い金額で買取してくださるので良かったです。しかし、今の世の中では、アマゾンギフト券に関して、詐欺が流行しております。自分も買取してもらう時に、あやうく騙されそうになったことがあります。多くは、Eメールタイプでギフト券のコード番号が送られてくるのですが、ある時メールが届いた時に、コード番号が送られてきた時に、アマゾンギフト券を登録出来るリンクも貼り付けられてたのです。開いてみると、本当のアマゾンの公式サイトと見間違いするほど、作られており、そこで、コード番号をアカウントに登録してしまうと、登録した金額を盗まれるといったことに、ひっかかりそうだったのです。なぜ詐欺にひっかからなかったかというと、アマゾンに問い合わせてみた時に、そのようなリンクは貼り付けてないということがわかり、事前に回避出来たということです。